超解像

超解像とは?

超解像とは、既存の低解像の画像から高解像の画像に生成することができる技術です。
既存の低解像の画像から抜けている画像情報を再構成することにより、高解像度の画像を生成します。

通常は画像を拡大すると、元画像に含まれる画素を利用した補完アルゴリズムを使うため、画像の劣化が生じることがありますが、
超解像では元画像に含まれていない高周波成分を推定するため、解像度が向上します。
元画像に含まれていない情報を推定するために複数枚の画像を学習させ、高解像度の画像を生成することができます。

超解像を利用することで、画像だけでなく動画でさえも高繊細なものになり、
フルHDから4K、8Kへのアップスケーリングや高繊細な映像の切り出しなどが可能となります。

カタリナ
超解像の特長

  • 画像、動画対応

    低解像の画像もしくは、動画でも超解像の処理が可能。
  • ディープラーニング

    従来の画素補完による拡⼤だけでなく、ディープラーニングを⽤いた画素推定による拡⼤も可能。

利用シーン

  • 昔のドラマや映画等の低解像度の映像を高解像度の映像に生成。

  • 拡⼤表示で荒くなってしまった映像を⾼解像度の映像へ変換。

事例

  • 一般企業様向け

    低解像度のSD映像からHD映像へのアップスケーリング対応。
  • 医療機関様

    ディープラーニングを用いた医療用画像の高画質化ツールの導入。
  • 一般企業様向け

    監視カメラ等の低画質映像の鮮明化するために高画質化ツールの導入。

関連するカタリナのテクノロジー