OCR

OCRとは?

OCRとは、Optical Character Reader(またはRecognition)の略で、「光文字認識」という意味です。
OCRを使うことで画像データのテキスト部分や印刷された文字をスキャナで読み込み、コンピュータで利用できるデジタルの文字コードに変換します。
また、近年では人工知能(AI)技術を取り入れた「AI OCR」が生まれました。

「AI OCR」では、文字認識精度を高めることができるため、徐々に文字認識精度が向上していきます。
そのため、手書き文字もこの技術を用いることで、徐々に文字認識させていくことが可能になりました。

OCRを利用することで、文字の読み込みや出力、書類の整理(検索)などができるようになり、
データ入力作業の手間を大幅に削減することができます。

カタリナ
OCRの特長

  • 学習機能

    学習機能があるため、お客様の独自のフォーマットの文書でも対応可能。
  • 追加学習ツール

    追加学習ツールも提供することで、OCRの精度を高め、将来的にはOCRで完結が可能。
  • 既存システム連携

    お客様の基幹システムと連携が可能なため、現在の業務フローを大きく変更することなく、導入が可能。

利用シーン

  • 請求書などの紙のデータをOCR化することで、経理や事務の作業負担を軽減。

  • 機材や部品などの管理番号をOCRで認識させることで、手書きで行っていた処理をスマートに対応。

  • アンケートなどの手書き書類のOCR化。学習させていくことで精度が向上。

事例

  • 一般企業様向け

    請求書の自動データ入力で経理の負担を軽減し、異なるフォーマットの請求書でも学習させることで自動化を実現。
  • 建設業者様向け

    機材・部品番号を撮影することで自動でお客様の管理システムと連携。チェック漏れ防止を実現。

関連するカタリナのテクノロジー