画像認識

画像認識とは?

画像認識とは、画像や動画データから特徴をつかみ、対象物を識別するパターン認識技術の一つです。
コンピュータが画像に映っている対象物の特徴(形や大きさ、数、色など)を大量に分析、理解させることで、対象物を推測させることができます。

このコンピュータに対象物を理解をさせる行為を「学習」と呼び、大量のデータをコンピュータに理解させていくことで、精度が向上します。
近年、この画像認識は人工知能(AI)におけるディープラーニング技術により、発展を遂げています。

画像認識を利用することで、顔認証システムや不審者検知、文字認識(OCR)、不適切画像の検出、
工場でのイレギュラー検知など幅広い分野で活用することができます。

カタリナ
画像認識の特長

  • 幅広いユースケース

    顔認証入退場システムやリアルタイムモザイク、PCの二段階認証アプリケーション提供など幅広く対応。
  • 自由な認証デバイス

    iPhoneやタブレットなどを利用した認証やデバイスを必要としない認証など、ニーズに合わせたご提案が可能。
  • セキュアな認証

    ローカル認証でも対応ができるため、
    個人情報をセキュアに管理が可能。

利用シーン

  • ライブ会場やイベント会場などの顔認証を使った入場システムの導入。

  • テレビや動画配信などでのリアルタイムにモザイクを導入。

  • 動画編集でのモザイク処理や、OCRで書類を自動読み取りに導入。

事例

  • 芸能プロダクション様

    チケット購入の際に顔画像を事前登録することで、ライブ会場でカメラを見るだけで入場できるシステムを導入。
  • ポストプロダクション様

    モザイク処理が必要な一般人の顔やナンバープレート、広告などを自動判別するモザイク編集ツールの導入。
  • 一般企業様

    全社員のPCに二段階認証システムを搭載するために、カタリナの顔認証エンジンを数千台のPCにインストール。

関連するカタリナのテクノロジー